Have been SixTONESED by SixTONES

推しとか本命とか担当とか、そんなんじゃ言い表せない

1/22 乱歩をテレビドラマにする方法:NHK『探偵ロマンス』制作秘話

1/22 乱歩をテレビドラマにする方法:NHK『探偵ロマンス』制作秘話 登壇者(敬称略) 演出:安達もじり 脚本:坪田文 制作統括:櫻井賢 演出・企画:大嶋慧 編集:佐藤秀城 ※途中から参加かつメモの文字起こしなのであやふやな部分あるかと思います。何卒。 ☆探偵ロ…

拭っても曇りが取れない話

危機だ。 比較的従順に大らかにオタクをやってきたつもりが危機だ。 地雷を踏まれてしまったような心持ちで、未だ気持ちを上手く立て直せないでいる。 これまで勝手に私が築いてきた私の中での彼への信頼が曇ってしまって、それが取れない。 オタク特有の誇…

ACT1-SCENE7 キャサリンの事務所 ♪何が起きるのか-Watch What Happens

(非公式の書き起こしです) キャサリン:あなたのことを聞かせて!美術学校に行くために新聞を売り歩いてるの?ジャック:美術学校だって?冗談じゃないキャサリン:あなたには本物の芸術の才能がある。新聞を町で売り歩く側ではなく、新聞に絵を描く側になるべ…

ACT2-Scene6 屋上、夜 ♪信じられるもの-Something To Believe In 

(非公式の書き起こしです) 出会いの時まで 愛を知ってるつもりだったいま真実を知った 愛は予測がつかない生きづらい世界で ある時見つけたの 信じられるものを たった一夜でも永遠かもしれないこれでいい いいのよ明日貴方が消えても 愛は残る信じられるも…

ACT1-SCENE4 メッダの劇場 ♪君みたいな人に-I Never Planned On You

(非公式の書き起こしです) ジャック:あれぇまた会ったねキャサリン:ここはプライベートボックスよジャック:鍵を閉めてほしい?一日に二回も会うなんて運命かなぁ〜キャサリン:出てってちょうだい仕事中なのジャック:働く女性?何の仕事?キャサリン:ニューヨ…

ACT1-SCENE9 屋上 ♪Santa Fe

(非公式の書き起こしです) ついに見出しになった警官と衝突クラッチーは足を引きずりみんな戦い血まみれキャプテンジャックのせいで 目を瞑り逃げ出したかった 遠くに行かせて誰も知らないところへ 今日のことを忘れさせてくれる 街が眠りに落ち 月が燻る頃 …

NEWSIESモーメントまとめ

NEWSIES2021観劇ツイートのまとめ ①日生劇場2021.10.9-10.12 ⚡️「NEWSIES」(作成者: @lifeinkyomotoさん) https://t.co/AeTX3zgWgv 2021.10.9-2021.10.12— 党首 (@lifeinkyomoto) 2021年10月12日 ②日生劇場2021.10.14-10.17 vol.2https://t.co/vd0uaL2ag3—…

京本大我くんお誕生日おめでとう〜2021.12.3

2021.12.3 京本大我くんへ お誕生日おめでとうございます。 気付けばお誕生日をお祝いするのはこれで3度目になりました。 3年ともなるとなんだね、石の上にも三年なんてことわざもあるし。 ステージの上の京本大我の歴史を考えると、出会ったばかりで、それ…

Prologue 屋上、夜明け ♪Santa Fe(Prologue)/NEWSIES

NEWSIES JAPAN2021 www.youtube.com (非公式の書き起こしです) Overture Prologue 屋上、夜明け ジャック:どこ行くんだ?朝の鐘はまだ鳴ってない。寝てろよ。 クラッチー:他の連中より先に降りたいんだ。 誰にも見られずに。 俺歩くの下手だからさぁ。 一人…

前夜〜遂に来た!ニュージーズだ!

私は京本大我という人を大好きになってから、ずーーーーーーーーーーっと心に棲まわせている劣等感のようなものがある。 それは、舞台俳優としての京本大我を見たことがないという燦然と輝く一点。 これ、本当になんかつらい、ぼんやりと。 私は未だに、京本…

拝啓 椎名林檎様 後生だからSixTONESに曲を拵えてくれまいか

やーやーやー ほーんと なんか色んなことが繋がるよなあ、とSixTONESに出会ってから思うわけだ。 2021年8月5日発売の「音楽と人」のインタビューはメンバーそれぞれのパーソナリティを的確に掴んだインタビューでどれも素晴らしかったのですが、そういう目線…

偉大な恋愛の終わりは凡庸にしてしまいたいよな

マスカラ、放たれちゃったなあ〜! 今をときめく音楽家がSixTONESに曲を書いてくれるってぇのはたまんねぇなぁと、 つくづく浸ってしまうんだけど、YOSHIKIの "これからを担う若い世代に翼を授けたい" という眼差しも最高だけど、 同世代のバチバチにクレバ…

結局のところライブどうだった?の話〜コロナ禍の現場で気をつけること

on eST開幕しましたね。 まぁレポめいたことはTwitterに書いているので、ここでは実際あったら良いものとかを書きます。 良かったら参考にしてみてください。 入場から着席まで スマイルアップシールドの手引き 双眼鏡は…使える!…が… 正直シールドうざ…と思…

ねぇ、この一年の話を聞かせてよ

そうだなあ。 なんか色々あったなあ。 デビュー日(厳密には前夜から)多分あんなに忙しなくて、けたたましくて、苦しくて、楽しくて、晴れやかで、ソワソワと、ワクワクと、張り詰めたような、この全てを綯交ぜにしたような、あんな日々はないだろうな。 あれ…

眠れぬ夜にLifetimeを噛み砕いてみた

眠れぬ夜に脳内で寄り添ってくれたLifetimeを私が拡大解釈かつ超意訳して、少しでもあの神聖な世界に身を浸してみようと思った。 英語は感覚でしかないので、ニュアンスも違うと思うのと、細かい文法などよりも全体の語感を優先してしまった箇所もありますの…

貴方に出会えたことを誇りに思う〜京本大我くんの誕生日に寄せて〜

今年もお祝いできることを嬉しく思う! 京本大我くん! お誕生日! おめでとうございます! 去年書いたブログより、言葉を紡げなくなったのは、去年よりももっともっと沢山の思い出や思い入れが出来たからかな、なんて思っている。 lifeinkyomoto.hatenablog…

欠乏の渇望〜2020.8.8〜

8.8 見慣れた数字の並び。 末広がりの八。 好ましい気がするのに、なんとなく複雑な気持ちを抱いてしまう数字の並び。 2019.8.8 私は異国にいたので配信すら見られなかった。 SixTONESに出会ってすぐ、パフォーマンスを生で見られる機会だったのに。 だから…

「ざまあみろ」と言われる側の私-SixTONESのNAVIGATORは誰だ-

今日7/20発売のMyojoの田中樹1万字インタビューのネタバレになりますので、まだ読んでない方は、このブログを読むことをお勧めしません。 なお、解釈などの話ではなく、1万字インタビューを読んだ私の感想です。 戦々恐々と自担の1万字インタビューを待つ中…

アイドルとか距離感とか

先日こんなマシュマロをいただきました。 なるほどなぁと、読ませていただき、色々と感じるものがあり、これはTwitterには収まりきらないなあと思い、ブログにすることにしました。 このマシュ主さんのおっしゃるブログを私は読めていないのと(見つけられな…

音を楽しむ人たちへの信頼〜SixTONESっていいよね〜

なんだか久しぶりのブログだなあ。 デビュー時の有象無象についてなんかも書いてたんですけどね、情勢に少し疲弊してるところがあるので、今は筆が止まっています。 色々書きたいことはあるんだけど、それはまた。 (TrackONE-IMPACT-のこととか!) なんでブ…

デビューおめでとう!SixTONES!

2020.1.22 SixTONESがついに世に放たれる。 Imitation Rainという武器を手に。 これからが長いね。 これからどんな日々が待っているんだろうね。 出来る限り、楽しく、熱く、一緒に歩いて行こうね。 沢山色んなことがあるだろうけど、それでもなるようになる…

ありがとうSixTONES/ジャニーズJr.

2020.1.21 ありがとう。 ジェシー(SixTONES/ジャニーズJr.) 京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.) 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 髙地優吾(SixTONES/ジャニーズJr.) 森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.) 田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.) 私にとって、ジャニ…

オタクになるとは解像度が上がるということ-2019の総括

年の瀬ですね。 夏のFNSをきっかけにSixTONESという世界に飛び込んだ2019年でした。 誇張じゃなく、今年いちばんの出来事になったと思う。 有り体に言えば、推し変ってやつで。 推し変なんて有り得ないと思っていたのに、あるんだなあ…としみじみ感じていま…

【永遠の新規の追体験】RIDE ON TIME/SixTONES-vol.1を見て

‪RIDE ON TIME/SixTONESの第一回目を見ました。 夜にはらじらーでImitation RainがO.Aされ、心を揺さぶられてしまうので、今のうちに思ったことを残しておこうと思います。 私は元来仕事が大好きな人間なので、様々なプロフェッショナルの仕事の流儀(丸かぶ…

拝啓 京本大我様 四半世紀を力強く歩んだ貴方へ

拝啓 この度はお誕生日おめでとうございます。 25歳、四半世紀、という否が応でも区切りを意識する年齢を迎えた貴方へ、心よりお祝い申し上げます。 私が貴方に出会ったのは、今年の夏でした。 なんとはなしに出会いました。 力強く、目を輝かせ、歌う貴方か…

SixTONESのデビュー曲【Imitation Rain】によせて

www.sixtones.jp とうとう世に放たれましたね。 SixTONESのデビュー曲。 書き殴るよ。 ジャニーズからデビューするグループのデビュー曲がYOSHIKIプロデュースという、とんでもない展開にとち狂った前回のブログはこちら。 lifeinkyomoto.hatenablog.com 正…

YOSHIKIがSixTONESに楽曲提供するなんて誰が考えた!?

(本日のブログは少々出過ぎた部分がございます) 今週、駆け抜けた天変地異レベルのニュース。 YOSHIKIが SixTONESに デビュー曲を 提供!!!!!! なんだそれすぎて、未だに頭が追いつかない。 いや、誰が考えたのそんなこと。 すっっっっっっっっっっげえ…

ジャニーズなのに、ジャニーズにしては、がSixTONESにはもう不要か

前回はいささか自分に焦点を当てすぎた気もするで、今回は「バンギャル20年選手の私を無我夢中にさせたSixTONESの武器」という感じで書いていきます。 前回同様、辛辣な書き方をさせてもらってる部分があるのでジャニーズ愛が止まらない方は控えていただくと…

バンギャル20年選手がSixTONESにハマった話 Episode-1

掲題の件、下記にて綴らせていただきます。 これは長年ヴィジュアル村に身を沈めてきた私が、ある日高く築かれた壁の隙間からジャニーズ帝国を覗き込んでしまったことにより「ファンであること」を見つめ直したお話です。 文中、辛辣な表現がありますので、…